sundari

神戸元町のヨガスタジオ スタジオスンダリのお知らせブログです♪

お知らせブログ

WS 分子栄養学に触れるヨガ&スープカフェ はやしくみこ

0

     

    ヨガで体を動かすだけでなく、食べるものからも健康を考えて見ませんか?

     

    「分子栄養学に触れるヨガ&スープカフェ」

     

     

    こんな症状ありませんか??

    □朝が起きられない、起きるのが辛い、目覚ましが鳴っても起きられない
    □とにかく疲れる、寝ても疲れが取れない
    □しょっぱいもの、辛いものがたべたくなる
    □寝つきが悪い、熟睡できない
    □落ち込みやすい、ストレスに対処できない、イライラする
    □アレルギーの悪化、風邪をよく引く、喘息、花粉症、慢性鼻炎
    □甘いもの、お菓子やコーヒー(カフェイン)を欲する
    □朝は調子が悪く、夕方から夜にかけて元気

    たくさん思い当たるかたは、副腎疲労かも!?


    最近耳にすることも増えてきた副腎疲労。副腎はホルモン分泌を担う器官。

    副腎疲労による症状は様々です。
    分子栄養学で考える副腎疲労を改善していくために必要なキーは
    栄養(食事)と腸内環境、ストレスコントロールです。

     

    分子栄養学とは、人間の身体を細胞や分子レベルで考える最新の栄養療法です。

    問診や視診、触診、血液検査や毛髪検査などの生化学的検査から細胞の状態を

    把握し栄養素、食事とサプリメントを中心としたアプローチで細胞の機能その

    ものを取り戻し、体と心の様々な症状に対応していきます。

     

    「座学による分子栄養学講座」では、副腎疲労のお話だけではなく、分子栄養学×

    東洋医学の観点からカラダとココロと栄養についてお話します。

     

    「ヨガの実践」では、自分のカラダとココロの状態を感じながらカラダを動かします。

    ヨガがストレスコントロールに良いというところを、実際にリラックスして感じて

    いただきます。

     

    そして講座のしめくくりとして、最後に実際に「細胞レベルでカラダが喜ぶ」栄養

    満点ボーンブロスを飲みながら、ゆっくりお喋りしたいと思います!

     

    この講座は、ヨガを行ったことない方だけでなく、すでにヨガを経験し日常に取り

    入れている方、ヨガを勉強している方、そしてヨガを教えている方にも、なぜヨガが

    どのようにカラダとココロに影響しているのか、マクロビオティックやベジタリアン、

    糖質制限など様々な食事スタイルの中で、なぜその食事が必要なのか、自分に合う

    食事は何なのかを考える機会になってほしいという想いが込められています。

    これからのヨガライフにとても有意義になると考えています。

     

    また、ヨガ業界のかただけでなく、自分の不調が気になるすべてのかたにもおススメの

    講座となりますので、気負わず、気になる皆様にご参会いただけますと幸いです。

    皆様のご参加お待ちしております。

     

     

     

    ≪開催内容詳細≫


    開催日時:7月29日(日)13:30〜16:00
    座学&ヨガ:はやしくみこ
    スープ:塚本ふゆみ
    参加費:大人一人5500円

     

    お申し込みはメールにて受付中です
    MAIL info@yoga-sundari.com
    お申し込みの際はWS名、お名前、ご住所、お電話番号をご記入ください。

    スマートフォンからメールを送られる場合はこちらからの返信が受信できるよう設定の確認をお願いいたします。

     

     

     

    ≪タイムテーブル≫
    副腎疲労のためのヨガ 〜ヨガによるカラダとココロの生理的変化〜

    13:30〜座学による分子栄養学講座
    ・分子栄養学とは
    ・今の肉体と精神状態をつくっている、細胞レベルのカラダの仕組み
    ・カラダとココロをつくる栄養と食事の話
    ・副腎疲労の話

    14:30〜ヨガの実践

    15:30〜細胞レベルでカラダが喜ぶスープ(ボーンブロス)を試食

     

     

     

    はやし くみこ(vedana 代表)
    ヨガインストラクター・鍼灸マッサージ・シンギングボウル チャクラ調整セラピスト・

    臨床分子栄養医学研究会 特別指導認定カウンセラー・介護支援専門員・スポーツアロマ

    セラピスト・TOKYOYOGAシニアティーチャー・解剖学講師・YogaBodyトレーニング

    コース エキスパートティーチャー・ヨガアライアンス認定 RYT200指導者(E-RYT200)

    1998年はり師きゅう師マッサージ師の国家資格を取得。
    身体に触れる仕事を現在まで行いながら中医学や様々な伝承医学、身体の構造から骨格を

    整える手技療法などを学ぶ。2004年よりヨガ指導をはじめる。
    東京のヨガスタジオ TOKYOYOGA において「YogaBodyトレーニングコース」を開発・

    指導し全国でヨガインストラクターの養成も担当。全国各地でヨガ指導者の養成とヨガの普及に努める。

    2014年に出産し、産後の自身のからだとこころの不調から食事や生活、心のバランスを

    ととのえることに一から向き合い分子栄養学も勉強をはじめ、栄養カウンセラーとしての学びを深める。

    ヨガやはり灸、分子栄養学カウンセリングを通して多くの人のからだをみて触れながら、

    からだとこころのつながりを再認識。

    分子栄養学の西洋医学の科学的なアプローチ
    鍼灸や漢方の東洋医学の伝統的なアプローチ
    シンギングボウルの五感を全てを使う感覚を通して、からだとこころを整えるセッションを行う。
    日々進化する分子栄養学とともに、伝統的な中薬学を勉強中。

     


    塚本ふゆみ
    はなうた食育アドバイザー
    臨床分子栄養医学研究会認定カウンセラー
    2010年10月〜肺腺がん脳転移ステージ

    1993年結婚を機に神戸に暮らす。出産後はほぼワンオペ育児。
    その頃は自分でも不思議なほど、ネガティブ思考。完全に栄養不足によるもの。
    2003年両親を神戸に呼び寄せ、同居&社会復帰。
    2009年11月父が食道がんになる。手術はできず、放射線や抗がん剤治療の付き添いをする。
    2010年10月激しい頭痛の末、意識不明で救急搬送。見つかった脳腫瘍は肺腺がんの転移。

    もって三か月とも言われた。年が明けてすぐ、父が亡くなる。

    引きこもり生活から半年、3月11日東日本大震災。2万人もの方が亡くなったショックから

    「私は今、ガンだけど生きている。怯えながら生きるなんてまっぴらだ。」と開き直る。
    「病は私の体内で起きている」という気づきから「今すぐ日々の中で、自分ができること」

    を探し始める。今が変われば、未来は変わるとわかり、心からワクワクした。

    ココロと向き合うために物事の捉え方、潜在意識の働きを学ぶ。
    カラダと向き合うために、様々な代替療法や食事療法を実践する中で分子栄養学と出会う。

    現在、ガン患者の方やそのご家族、また子育て中の方に、はなうた気分で生きるための食事

    や生活の仕方の個別セッションをしている。

    分子栄養学がベースの『たべるおけいこokudosan』や、子育てサロンでのスープパーティ

    など、料理を通じてできることも伝える。

     



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    フリーチケットプレゼント

    ヨガスタジオスンダリ フリーチケットプレゼント

    オススメリンク

    オススメリンク

    ヨガフェスタ@阪急

    オススメイベント

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 期間限定販売です
      Akira

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM
    オススメイベント